ウォーターサーバーにはどんな種類があるの?

サーバーによる違いがある

水道水を飲料にするのが心配な人が増えています。浄水器やペットボトルのミネラルウォーターを利用する人もいますが、最近はウォーターサーバーの利用が増えています。サーバーと呼ばれる機械を設置し、そちらに水が入ったボトルをセットしておくと自由に水が飲めます。ホットとクールを選べるタイプが多く、温水と冷水がいつでも飲めるようになっています。選ぶときには、サーバーの種類で選ぶと良いかもしれません。一般的なのは床置きタイプで、タンクは上部に設置します。コンパクトな卓上タイプもあり、こちらであればいろいろな部屋に置いたり移動したりできます。タンクの種類にも違いがあり、リターナルタイプもあれば使い捨てのタンクを設置するものもあります。

料金の仕組みによる違いを知る

ウォーターサーバーのサービスを利用するとき、サーバーの種類を選ぶのも大事ですが料金の仕組みも知っておく必要があります。業者によって異なり、まずはサーバー本体の利用料金の支払い方が異なります。買取なら最初に一括して支払い、レンタルなら毎月支払います。レンタル料が無料の所もあります。水の料金は、1タンクごとに決められていますが、配達の頻度が決められているので注意が必要です。あまり使わない家庭だと、どんどんタンクがたまってしまうときもあります。配達頻度や一回ごとの水の量を選べるところもあるので、柔軟な対応をしてくれるところを選ぶと良いでしょう。サーバーの互換性はないので、最初に十分検討して選ぶようにしましょう。

水のサーバーは、安全でおいしい水を、普段使う水道水のように提供してくれます。手軽に飲料水が飲めて便利です。

© Copyright Water Server Installation. All Rights Reserved.