どちらがお得?買い切りとレンタルの違い

買いきりのメリットとデメリット

ウォーターサーバーを買い切りにするメリットの一つは、水の料金のみの支払いになることです。レンタルの場合、レンタル料金が無料であるところも多いですが、水の料金にレンタル料が含まれていたり、水を購入するノルマや最低注文数がありそれをを達成すると翌月のレンタル料が無料になるなど、条件がついていることもあります。買い切りにすることで、月々のレンタル料が不要となり、必要な水の料金のみの支払いとなります。また契約期間を気にせずに利用でき、解約手数料の支払いも発生しません。逆にデメリットは、初期費用が3~10万円と高いことです。サーバーのメンテナンスや故障は、保証期間が過ぎると自己負担になるので、耐用年数や保証期間、故障した場合の対応などを確認しておく必要があります。

レンタルのメリットとデメリット

ウォーターサーバーをレンタルするメリットは、初期費用がかからないので気軽に導入できることです。レンタル料やメンテナンス料が無料であることも多く、故障や修理料金を気にする必要がありません。メンテナンスも定期的に行われるので、衛生面も安心です。サーバーが不要になった場合も、すぐに引き取ってくれます。逆にデメリットは、レンタル料を支払っていかなければならないことです。レンタル料が無料の場合も多いですが、その場合は水の料金が若干高い設定になっていることがありますし、最低注文数が決まっていることもあります。必要な水の量は各家庭によって異なるので、最低注文数が決まっていると不要な水を買い取っていることにもなりかねません。また決められた期間内に契約を解除すると、解約手数料が発生します。

水宅配は、安全でおいしい水を自宅まで届けてくれるので、自分でミネラルウォーターを買うよりも、楽をすることができます。

© Copyright Water Server Installation. All Rights Reserved.